本当にその保障で大丈夫?!最新がん保険版!

こんにちは!保険代理店で働くファイナンシャルプランナーです!

このブログでは本当に必要ながん保険についてお伝えいたします

がん保険をご提案している身として、また、たくさんのがん患者さまからの声を聴いてきた身としてお話させていただきます。

そもそも、がん保険が必要ないという人。貯蓄が十分にある人。

このような方は無理に加入する必要はないかと思われます。

保険とは、偶然に発生する事故にそなえて費用を事前に負担することで、いざという時に保障(補償)を受けることができるものです。

「突然の時に貯蓄がない!」「せっかく貯めた貯金を崩したくない!」

という人はがん保険の加入をおススメします。

すでに加入済みのみなさんはどのようながん保険に入っていますか?

昔に加入したがん保険では今のがん治療に対応できていないかもしれません!

一度証券を確認ください。

せっかく保険料を毎月払っているのにいざという時に保険給付金がでなければ意味がありませんよね。

価値あるがん保険をしっかりみていきましょう!

がん保険の保障の種類

「がん保険」といってもいろいろな種類の保障や特約などがありますし、各社どんどん新しい商品を出しています。

主な保障としては、
診断給付金・入院給付金・通院給付金・手術給付金です。

また、最近では先進医療特約、放射線特約、抗がん剤特約、ホルモン療法特約などがあります。

では、どのような時に保障されるのか確認しましょう。

「診断給付金」

「がん」と診断されたら一時金が受け取れる保障です。

保険によっては「悪性新生物」と診断された時のみ保障されるもの、「上皮内新生物」と診断された時にも保障されるものもあります。

●悪性新生物とは、一般的にがんと認識されているもので、細胞の基底膜を破って浸潤し、血液やリンパ液にのって他の臓器に転移します。

●上皮内新生物とは、がん細胞が上皮内にとどまり、基底膜を破っていないので転移の可能性はないとされています。また、再発の可能性はほとんどありません。

昔に加入されたがん保険ではこの上皮内新生物が対象にならないこともあります。

また、この診断給付金は「一度きりの保障」と「複数回給付」がありますので注意してください。

※貯金に不安がある場合はこの診断給付金を先に請求することができる保険会社もありますので確認しましょう。

「入院給付金」

「がん」の治療を目的として入院した時に給付される保障です。

基本的にがん保険の入院保障日数は無制限型です。長期入院も安心ですね。
(ただし、最近は入院治療より通院治療の方が主となってきている)

がん末期でホスピスに入所する時でも対象となることもあります。

「通院給付金」

がん治療を目的として「通院」した時に給付の対象となります。

通院開始から180日や365日の通院が対象などがん保険の種類によって変わってきますが、最近のがん保険は、三大治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療)を行う通院の場合、通院日数無制限の保障もあります。

「手術給付金」

がんの治療を目的とした手術をおこなった場合対象となります。

主な特約
抗がん剤や放射線治療などは実際に治療を受けられた場合対象となります。一時金で支払われる場合が多いです。

また先進医療特約はかかった技術料が保障されます。
(保険の種類によっては割合給付などがありますので確認しましょう。)

がんになった時に相談できるサービス

最近のがん保険にはセカンドオピニオンや専門医紹介、治療方法相談などサポートしてくれるサービスが付帯されていることがあります。

実際に突然「がん」と告知を受けた時に、どうすればいいのか?この治療法でいいのか?自分の希望の治療がしたい!など不安や思いがさまざまです。

このような不安や自分の気持ちを伝え、自分の納得のいく治療方法を相談できるサービスです。

カウンセラーは経験豊富な医療関係者(看護師等)ですので安心して相談できます。

おすすめのがん保険

医療技術の発展に伴い、がん保険も次々に新しい商品が発売されます。

以前がんは「治らない病気」でしたが、今は「治る病気」になってきています。

また、入院治療が基本の時代から通院での治療に変わりつつありますし、これから先も変わっていくでしょう。

このようながん治療を考えると、おすすめのがん保険は「一時金を多く受け取れるがん保険」になります。

現在は入院、手術をせずに通院、放射線治療などで治す治療もありますので、内容によっては保障に無駄が出てくることもあります。

「がん」と診断された時に一時金でしっかり受け取れる保障の方が、将来の治療方法にも対応しやすいですし、自分がおこないたい治療にも対応できます。

診断給付金保障を手厚くし他の特約をなるべく少なくしてシンプルな保険がおススメです。

保険会社によっては一時金特約だけのがん保険も販売しておりますので確認しましょう。

また、がん保険はがんになりやすい60代からグッと保険料が高くなります。

加入・見直しを検討している場合は1歳でも若いうちに検討した方がいいでしょう。

※がん保険は「待ち期間」とよばれる保障されない期間があります。多くのがん保険で申込みから3か月の待ち期間がありますので、加入してすぐに保障開始される訳ではないので注意が必要です。

がんについて

現在、日本人は2人に1人の確率でがんになるといわれています。

がんの発見が遅いと体中に転移する可能性があり、がんの進行度によって治療の方法なども変わっていきます。早期発見・早期治療がとても重要となります。

また、がんにならないよう心掛けることも大切です。

「がんを防ぐための新12か条」

1.たばこは吸わない
2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
3.お酒はほどほどに
4.バランスのとれた食生活を
5.塩辛い食品は控えめに
6.野菜や果物は不足にならないように
7.適度に運動
8.適切な体重維持
9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
10.定期的ながん検診を
11.身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
12.正しいがん情報でがんを知ることから
※詳しくはがん研究振興財団のホームページをご確認ください。

まとめ

自分に必要ながん保険をしっかり考えよう!

がん保険をしっかり入ると安心できます。ですががん保険はあくまでも「がん保険」。

がんと診断されなくては給付金が受け取れません。

また、保障を多くするあまり、月々の支払いが滞っては意味がありません。

保険はあくまで保険ですので自分に合った保障・保険料で選び、将来の安心を買いましょう!

まとめポイント!

1、 がん保障は将来も対応しやすい一時金特化型を検討しよう!

2、 保険は加入年齢とともに高くなるので早めに検討しよう!

3、 大きな保障は保険料も高くなるので自分にあった保険で加入しよう!

無駄な保険料、保障がないようにしっかり確認して自分にあった「がん保険」を選びましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする